家庭教師navi
   家庭教師の役割

 

突然ですが皆さんは家庭教師を利用した経験、ありますか?
中学生や高校生の時期は将来に向けてとても大切な時期です。
東京の有名大学への進学や小さいころからの夢だった仕事に就くために、いろいろと考える時期です。しかし、そうなってくるとどうしても必要になるのが「勉強」です。
学校の勉強だけでは足りないことは、誰もが分かっています。そのため、塾や家庭教師を利用しようと考えている人も多のではないでしょうか?
そこで、このサイトでは家庭教師の役割について紹介していきます。


(1)家庭教師がいないときでも…


初めから机に向かって勉強をする子供は少ないと思います。そこでお父様、お母様の力が必要になります。家庭教師がいないときでも自ら勉強机に向かうような癖をしっかりと付けるように声かけしてあげてください。

 


(2)ぜんぜんわからない…


お子さんが一番言いたいのは、参考書なりで自発的に調べたりするお子さんだったら家庭教師など要りませんよね。本などではなく、人に教えてもらうほうがまだ良いと言った感じです。
ただ、このままだと結局自分で勉強してもわからないことがあるとストップしてしまうので、参考書等の使い方、わからないところの調べ方もしっかり教えていきましょう。

 

 

(3)お子さんのやる気を作る!

基本的に、やる気のないお子さんが多し…そんなお子さんたちと勉強するわけですから、ナカナカ思うように勉強がはかどらないことなんて日常茶飯事です。そのため最初のお仕事として、「お子さんのやる気を上げる!」ということも多々あります。
そこで、お子さんのやる気を上げるためにどのように接すればいいのか?という問題にぶつかります。いろんな方法があると思いますが、ここでは心理学的な要素を踏まえて紹介したいと思います。

 


recommend



最終更新日:2019/12/11

コピーライト